1. トップページ >
  2.  >
  3. 「優秀な弁護士」という検索ワード

コラム

専門家ならではの信頼できる情報を発信するページです。
また、当事務所をより知っていただくため、実際の事件の解決までのアレコレや、
相手方・裁判所に送った書面なども、守秘義務やプライバシーに配慮した上で、
分かりやすくご紹介できればと思っています。

弁護士として

「優秀な弁護士」という検索ワード

ホームページの保守をしていて、検索ワードを見ていると、
「優秀な弁護士」という検索ワードがあり、ふと考えてみました。

優秀な弁護士ってどんな条件でしょう?
また、当事務所には裁判官経験者もいますが、優秀な裁判官とは?
弁護士から見て信用できる裁判官は?

とても難しいテーマですが、弁護士や裁判官をそれなりに経験して感じるのは、
【先をどこまで見通せるか】【見通した上で、その場その場でベストな選択肢を提案できるか】
が、大きな要素だと思います。
法律や法的な争いの場では、必ず、どんな形であれ、最終的な結論が出ます。
その結論は弁護士の力次第で動かせるものもあれば、過去の事実が動かせない以上、
力及ばない部分もあります。
現状を正しく把握した上で【結論を見通し】【適切なタイミングで】【最適な手を打つ】こと。
これが優秀な弁護士や裁判官の力ではないでしょうか。
そして、弁護士らが手を打つべきタイミングは、局面ごとに多々おとずれますから、
その時々を逃さず、瞬時にベストな手を打つこと。
「勝てる裁判」であれば、最小限の労力とプロセスで勝ち切ること、
過去の事実からして「負ける裁判」であれば、最小限の負担に抑えること、
勝てるのか負けそうなのか、見極めること。
これらは、先を見通した上での【逆算】が必要ですから、【見通し力】が大切です。
そのためには、逆算できるだけの【経験】と【勉強】も欠かせません。

と、偉そうに書きましたが、何も弁護士や裁判官に限ったことではなく、
社会人として磨かなければならないスキルですね。
「お願いして良かった」と言っていただける弁護士でありたいです。

そして、弁護士が常に【依頼者と共に】在る以上、
弁護士は、【人として】依頼者に尽くし、いつでも最適な手を打てるよう、
常にご依頼者様に現状と選択肢を十分に説明して、コミュニケーションも大切な柱です。

頑張ることがたくさん!ですね。日々是精進

カテゴリー [ 弁護士として ]

コラム一覧へ