1.  >
  2.  >
  3. 交通事故に遭ったらどうする?(初期対応)

コラム

専門家ならではの信頼できる情報を発信するページです。
また、当事務所をより知っていただくため、実際の事件の解決までのアレコレや、
相手方・裁判所に送った書面なども、守秘義務やプライバシーに配慮した上で、
分かりやすくご紹介できればと思っています。

交通事故

交通事故に遭ったらどうする?(初期対応)

交通事故には遭いたくないものですが、
交通事故に巻き込まれたときに真っ先にすべきことはなんでしょうか。

交通事故の訴訟に携わっていてよく感じることは、
事故当初にきちんと対応しておけば、こんな争点は防げたのに、という思いです。
無駄な争点を増やしてしまい、泣き寝入りとならないように注意が必要です。

まず、
① 警察への通報が大事です。
警察へ通報することで、「交通事故証明書」を作成してもらえます。
これで、相手方の連絡先や自賠責保険の請求先などが分かりますし、
なにより事故を起こしていないなんていう言い訳を封じることができます。
「交通事故証明書」の取寄せには、対応した警察署、発生日時、発生場所、
相手方の名前などを記載して申請することになりますので、
事故の際にメモなどしておくとあとからの請求が簡単になります。
また、警察官に話を聞いてもらい、いわゆる現場検証をしてもらえます。
警察官の作成する「実況見分調書」(事故がどのように発生したかの図面や、
当事者の説明が載っているもの)は、事故直後に警察官が作成したものとして、
訴訟でも重要な証拠となります。

次に、
② 写真を撮っておくこと
事故直後の現場の様子や、事故で壊れた車両の写真があれば、
貴重な証拠となります。
気が動転していたり、事故を起こしておいて不謹慎と思われるかもしれませんが、
後で相手方からどのようなことを言われるか分かりません。
円満に解決するためと割りきって、写真を撮っておかれることをお勧めします。

③ 保険会社への連絡
任意保険に加入しているなら、加入している保険会社に連絡をしましょう。
レッカー移動や、相手方の保険会社との交渉、今後の手続の進め方などを教えてもらえます。

以下は、また別の機会に書くこととします。

カテゴリー [ 交通事故 ]

コラム一覧へ