1.  >
  2.  >
  3. 誠実さ[続き]

コラム

専門家ならではの信頼できる情報を発信するページです。
また、当事務所をより知っていただくため、実際の事件の解決までのアレコレや、
相手方・裁判所に送った書面なども、守秘義務やプライバシーに配慮した上で、
分かりやすくご紹介できればと思っています。

弁護士として

誠実さ[続き]

誠実な仕事とは、

裁判に出すすべての書面について、

穴が開くほど証拠を見つめ、
関連する文献・判例を調べまくり、
何度も推敲して、
分かりやすく、かつ説得的に書くこと、

であると考えています。

そうして書かれた書面は、必ず裁判官の心に届きます。
まず、一読した時点で、
「なるほど〜」「よく調べたな」「よく証拠を見たな」
と思ってもらえます。
(逆に、いい加減に書かれた書面は、
「この弁護士、ちゃんと証拠や判例見たのかな。」
とすぐに疑念を抱かれますし、実際裁判官同士でそのような会話もします。)

真実は動かせませんが、
グレーのとき、どちらの言い分にも証拠が乏しいとき、
「この弁護士が言うなら嘘はない」
と思ってもらえます。証拠がなくても、信じてもらえるときがあります。
有利な結論に繋がることがあります。

なにより、弁護士が死力を尽くして書面を書くことは、
ご依頼者の利益になります。
それが誠実さだと思います。

人に対して誠実に。
仕事に対して誠実に。

頑張ります。
足りなかったら、どうぞ喝を入れてください^^
今日も、証拠を見つめて、目力で穴を開けよう!!

カテゴリー [ 弁護士として ]

コラム一覧へ