1.  >
  2.  >
  3. 誠実さ

コラム

専門家ならではの信頼できる情報を発信するページです。
また、当事務所をより知っていただくため、実際の事件の解決までのアレコレや、
相手方・裁判所に送った書面なども、守秘義務やプライバシーに配慮した上で、
分かりやすくご紹介できればと思っています。

弁護士として

誠実さ

弁護士として、大切にしていること。
それは、誠実さです。

人として、誠実にご依頼者や関係者に接すること。
これは、当たり前です。
でも、時にイライラしたり、
「そんな無理難題言わないでよ〜」と思うことも。
それも込みで、反省しつつ頑張ります。

そして、もう一つ。
すべての仕事に誠実であること。

裁判官は、書面を、証拠を、見るプロです。
判例、文献を調べるプロです。
私も裁判官をしていましたが、これらについては、
徹底的に教育・指導を受けますし、
裁判官は、日々これらの能力を鍛えています。
正直に比べると、裁判官のこの努力に対抗できる弁護士、
そうそういません。

ですから、裁判官は、弁護士が出した書面、
その書面が、どれくらいの「力」を傾けて書かれたか、
大体検討がつきます。

裁判に出す書面、すべてについて、
誠実に作らなければ、裁判官は見抜きます。

[続く]

カテゴリー [ 弁護士として ]

コラム一覧へ